ハレックスの営業担当がサービスの導入事例をご紹介します!

某建設会社 様

【導入サービス】
緊急地震速報システム なまずきん

某建設会社様の工事現場向けに緊急地震速報や津波情報を、専用回線や無線、メール配信でお届けしています。通信インフラが整備されていない場所でも無線やメールで情報配信が可能で、海岸で作業をする業者様に、いち早く避難行動をとっていただけるようにしています。

ハレックス営業担当者から一言!
担当:谷生
東日本大震災で、地震や津波の被害を受けた堤防および離岸堤の、復旧工事を行う作業員の皆様の命を守るために、緊急地震速報システムを導入したいというお話をいただきました。回線が届かない、堤防の上や離岸堤の工事を行う船舶向けに、緊急地震速報と津波情報をどのようにしたら伝えられるかを、実証実験も交えながら試行錯誤しました。  

某建設会社導入事例

【活用方法】
メール配信や無線を駆使して、回線の届かない工事現場にも、緊急地震速報と津波情報をお届けします。最前線の工事現場で働く皆様が、万が一の時に、すぐに避難行動がとれるように工夫されています。
某建設会社 様からのご意見ボード!
現場作業者を脅かす災害は、地震や津波だけではありません。
今後は、急な大雨や洪水などの気象災害に対する警告も欲しいです。

  「なまずきん」のお問い合わせはこちら