農業データ連携基盤構築への参画について

2017年5月16日

弊社は農業分野おける気象情報の高度利活用の実現と普及に向けて、内閣府の戦略的 イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)である、産官学連携の 「農業データ連携基盤(データプラットフォーム)」コンソーシアムに参画いたします。

農業データ連携基盤は、ベンダーやメーカーの壁を超えて異なるシステム間のデータ連携、 公的機関などが有する農業関連情報や研究成果に関するデータ等の集約と提供を可能にする データ・プラットフォームで、弊社は気象データとその活用に必要なAPIを提供いたします。 農業にとって気象データは必要不可欠ですが、その活用には改善の余地があります。 弊社のAPIを幅広くご活用頂き、皆様と一緒にこの状況を打破し、気象情報の活用により 農業の更なる発展に貢献できるよう取り組む所存です。

プレスリリース 「農業データ連携基盤構築への参画について」(PDF)

『農業データ連携基盤』を産官学が連携して構築(越智社長ブログ)