気象予報士の資格を取る「気象予報士通信講座」

当講座の特徴

特徴1 高い実績!

これまでの気象予報士試験合格者の4人に1人は当講座の受講者です。講座開設の平成6年から現在までに、1700人以上の合格者を輩出してきました。この実績は業界TOPクラスです。

当講座では、常に最新の気象学と気象技術の知識を提供すると共に、実際の試験問題を分析して傾向に沿ったオリジナルの演習問題について解き進めていただきます。提出された回答については、必要に応じて図表を添付した丁寧な添削を行っています。また、不明点についての質問は“質問票”で随時受け付けています。このようなきめ細かい対応が、高い実績に結びついています。

1) 添 削:学科分野は7題、実技分野は12題の添削問題をご用意しています。実技試験の問題には「解き方のしおり」が付属し、問題を解く上で重要な“出題の意図”の把握をサポートします。
2) 質問票:当講座の特徴の一つである「質問票」は、当講座の演習問題に関する質問だけでなく、市販の書籍や過去の試験問題についても受け付けます。不明点をそのままにしていては理解が進みません。積極的に質問しましょう。質問者のレベルに応じて、必要に応じて図表を添付した丁寧な解説を行います。

回答票1枚目
回答票1枚目

回答票2枚目
回答票2枚目

きめ細やかな添削指導が最大の特徴です

受講生の皆さんは積極的に添削課題・質問票に取り組んで下さい!理解の不足している部分や質問の内容について、その本質を理解できるように指導いたします。是非、きめ細やかな添削指導をご体験下さい。

※左図は、実際に受講生に対して作成した回答票です。

特徴2 老舗の信頼と安心感!

株式会社ハレックスの「気象予報士通信講座」は、気象予報士試験が始まった平成6年から10年以上続く老舗の通信講座です。10年以上も受験生に支持され続けてきた老舗の実力・信頼・安心感がこの講座にはあります。

特徴3 経験豊富な講師陣!

気象の世界で長年活躍してきた充実の講師陣です。確かな知識に裏づけされた的確な指導があるからこそ、当講座は高い実績と長年の信頼を得てきました。


  • 市澤 成介(元気象庁予報課長)
  • 上村 喬(元富山地方気象台長)
  • 大西 晴夫(元気象庁地球環境海洋部長)
  • 坂上 公平(元岐阜地方気象台長)
  • 三木 芳幸(元横浜地方気象台長)
  • 鈴木 和史(元鹿児島地方気象台長)
  • 矢野 兼三(元銚子地方気象台長)
  • 吉田 弘(元気象庁観測部長)

特徴4 優れた試験対応力!

気象予報士試験の開始当初から続く老舗の講座だからこそ、試験問題の出題傾向を完全に把握。出題傾向の変化に即座に対応しています。

特徴5 実力に合った講座を選択!

学科試験から実技試験まで全てをカバーする「総合講座」、実技試験対策の「実技講座」、入門~学科試験対策の「学科講座」の3講座の中からご自分の現在のレベルや目的に合わせた講座を受講できます。

ご自分の現在のレベルに合わせた講座を受講し、当社の経験豊富な講師陣の丁寧で的確な添削を基に学習を続けることで、確実にレベルアップを図ることができます。当初難解に思えた内容も知らず知らずの内に身に付き、試験当日は気持ちの余裕を持って、実際の試験問題がやさしく見えるところまで実力がアップしていきます。

また、試験日の約1ヶ月前には直前対策スクーリング(有料)を開催しています。スクーリングでは、受験当日に向けての準備を確実なものとするように、「実技の基礎・演習」について毎回新たに作成している最新事例が満載のオリジナルテキストを基に解説します。また、毎日個別質問の時間を設けており、疑問点は講師からの直接指導によって解決することが出来ます。
スクーリングの詳細はこちらをご覧下さい。

特徴6 気象予報士活用バンク!

「気象予報士活用バンク」とは、気象予報士資格を活かして実践的な活動をしたい方のための登録制度です(詳細はこちら)。この登録制度を活用して、当講座の卒業後に予測の仕事やお天気キャスターとして活躍されている方が多数います。

 

 

講師派遣サービスについて

各企業様の社内教育のために講師陣の派遣も承っております。