運航情報を一元管理 運行情報提供サービス「VMS」

サービス紹介

VMS (Voyage Management Service) は、衛星通信とインターネットを利用したSaaS型のクラウドサービスです。ハレックスのVMSデータセンターで気象情報や船舶の航海情報を一元管理し、その中からお客様のニーズに合った情報を提供致します。クラウドサービスのため、お客様の端末に特別なシステムをインストールする必要はありません。

VMS グランドデザイン

VMSサービスの全体イメージ

VMS (Voyage Management Service) は、以下の通り大きく3つのサービスとオプションに分類されます。

VMS-L (総合運行管理)
推薦航路計算機能、船舶への情報提供機能など、船舶を ead します

VMS-M (業務効率向上)

予定航路、到着予想時刻、船舶スケジュールの登録・管理など、船舶の動静を onitor します

VMS-Navi (安全運航、経済運航)
データはメール通信を行うなど、船舶の通信事情を考えた設計による、最適な Navigation です

オプションサービス
船舶の位置を確認する「ポジションポーリング」、専任の気象予報士が航路を推薦する「ウェザールーティングサービス」などのオプションをご用意しています

Voyage Management Service(VMS)の仕組み VMS-L 総合運航管理 船舶をリード(Lead) VMS-M 業務効率向上 動静をモニター(Monitor) VMS-Navi 安全運航、経済運航 最適なナビゲーション(Navigation) オプションサービス 安全・安心の追及
こちらから大きな画像をご覧頂けます(PDF資料)