リアルタイム映像鮮明化ユニットの販売取扱い開始

2015年11月02日
アルタータイトル

NTTデータグループの総合気象情報会社である株式会社ハレックス(東京都品川区,代表取締役社長 越智正昭 以下:ハレックス)は、11 月 2 日より、株式会社LinkPro(東京都中央区,代表取締役CEO 原口信克)が製造し同日より販売を開始する、映像鮮明化ユニット 「ALTER ONE UNIT」の販売取扱いを開始します。
「ALTER ONE UNIT」は、夜間・逆光などの光量不足–霧・霞・大雨などの悪天候-による不鮮明な映像(動画・静止画)をリアルタイムに鮮明化する装置で、防災分野等、監視カメラを用いる幅広い業務分野において活用が見込まれます。
 ハレックスでは、「ALTER ONE UNIT」 の展開を進め3億円規模の売り上げを目指します。

アルター

【背景】
ハレックスは総合気象情報会社として、これまで気象情報を活用する団体・企業に広く気象情報を用いて課題解決をしてきました。
 特に災害分野においては、気象情報と同等に防災監視カメラによる監視映像が、被害予測や被害状況の把握に重要な役割を担っています。しかしながら、監視カメラが主に設置されている河川や火山等においては、カメラが自然現象の影響(逆光、光量不足、霧、大雨、雪 等)を受け、監視対象の映像が不鮮明となる事が多数発生していることがわかりました。
 ハレックスはそこに着目し、気象情報と共に鮮明な監視カメラ映像を提供することが、24時間365日いつ起きるかわからない災害を的確に押さえる必要がある団体・企業のニーズを満たし 、防災・減災への貢献につながると捉え、「ALTER ONE UNIT」 の取扱いを開始することとしました。

【本装置のメリット】
「ALTER ONE UNIT」は、カメラとモニターの間に接続するだけで、悪条件により見えづらかった物の視認性を大幅に向上させる事が可能です。高性能カメラの導入に必要なコストと比較し、既存監視カメラシステムを活かしたまま鮮明な監視カメラ映像を得られることから、安価に課題解決をする事が可能となります。また、防災分野において、被害予測、被害状況の確実な把握に繋がるだけでなく、不鮮明な監視映像によって、担当者が災害発生現場に確認に行くリスクを最小限に防ぐ事にも繋がります。

【今後について】
「ALTER ONE UNIT」は隠れている色情報を浮き上がらせ、対象物の形や色まで再現して表示する事が可能です。そのため防災や防犯、建設、医療等、多種多様な分野で活用が可能です。ハレックスでは、防災分野に限らずさまざまな分野に向けて、販売を進めていきます

アルター接続

アルタースペック
◆製品に関する参考情報
・メーカーサイト
 http://www.link-pro.co.jp/products/alter_one/
・ハレックス商品紹介サイト
 http://www.halex.co.jp/sharpening-ao.html

アルター画像

◆販売代理店 株式会社ハレックス
 代表者:代表取締役社長 越智 正昭
 本 社:東京都品川区東五反田2-7-8
  U R L:http://www.halex.co.jp
 設 立: 1993年(平成5年)4月
 資本金:1億円

◆製造元
 株式会社LinkPro
 代表者:代表取締役CEO 原口 信克
 本 社:東京都中央区日本橋本町4-1-5 篠崎ビル5階
  U R L:http://www.link-pro.co.jp
 設 立:2012年(平成24年)7月
 資本金:1億7千130万円(資本準備金含む)

◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先:
 株式会社ハレックス 企画部広報担当 佐藤
 TEL:03-5420-4311

◆製品に関するお問い合わせ先:
 株式会社ハレックス 第1事業部営業部 木我(きが)、青山
 TEL: 03-5420-4313